リフォームとリノベーションの違いは何?

原状回復とプラスαの作業という違い

リフォーム?リノベーション?いったいこの違いは何なのでしょうか。最近は、リノベーションという言葉は本当によく聞かれるようになりました。マンションでも戸建てでも、古くなれば改装をしなければならなくなります。この時、リフォームするのか、リノベーションするのかで、金額も大きな差がでますし、規模も違ってきたりしますから、違いを知っておくことはとても重要です。

リフォームというのは、基本的に壊れたり、汚れたり、老朽化した部分を直すこと、壁などもきれいにすることで、例えば、外装の塗り直しやキッチン・トイレ設備の変更、壁紙の張り替えなどの作業が該当します。

リノベーションというのは、建物の構造を変えたりすることによって、建物の性能そのものをさらにアップさせることで、例えば、耐久性や耐震性向上のためにする壁の補修、仕切りの壁をなくして間取りを変更するなどの作業が該当するのです。

簡単にいうと、リフォームが原状回復のような作業に対して、リノベーションはプラスαの作業だということがいえるでしょう。

 

ライフスタイルの追求度合いと金額の違い

人が住まいに合わせることがリフォーム、住まいを人に合わせて変えることがリノベーションだともいえます。最近では曖昧な線引きになっている場合もあるようですが、実際には、今ある間取りや広さを活かしてそのまま新しくすることと、間取りを増やしたり、減らしたり、形状を変えたりしてまったく違う住宅のように作り変えることというぐらいの違いがあるのです。

特に、マンションでは新築当初は同じ間取りで販売されますから、自分なりのライフスタイルを追求するとなると、設備を新しくしたり、カラーを取り替えたりしたぐらいでは満足できないことが多いでしょう。もし、ガラリと変化をつけたいなら、リノベーションをする必要があるということになります。ただし、金額もそれなりにかかりますから、優先順位をつけてからどちらにするのかを検討すればよいでしょう。